ENCOUNTER GAMES

Game Blog for
PS4 / Steam /
Switch / Phone

  • Web制作備忘録
  • Google AdSense

Google Adsense 2019年5月合格!ゲーム&サバゲーブログで合格までにやった対策6つ

ようやく合格しましたGoogle AdSense。年々難しくなっている初回審査。審査基準も年々変わってきていると言われ、常に新しい情報が重宝される分野かと思います。 これさえやれば絶対受かる的なものはなく、あくまでやっておいたほうが良いといったポイントの紹介となりますが、行き詰まっている方や、今から申請に出そうと思っている方の一助になればと思います。

「プライバシーポリシーページ」「執筆者情報」「お問い合わせページ」の作成や、コピーページの禁止、著作権侵害等、基本的なところは諸先輩方が詳しく説明してますので、それら以外で私が実施した内容をご説明します。

SPONSOR LINK

Google AdSense申請から合格までの流れ

まずは初回申請から合格までの流れをざっと。

4月20日 はじめての申請

  • 記事数:14記事
  • カテゴリー数:親4つ 子7つ
  • お問い合わせページ作成済
  • プライバシーポリシーページ作成済

4月25日 Googleから不合格通知

4月26日 再申請2度目

サバゲーとゲームとWebとで雑記ブログになっているのがいけないとみて、思い切ってゲームの記事のみにサイト全体を修正。

  • 記事数:14記事→6記事
  • カテゴリー数:親のみ3つ
  • 他同(ブログの紹介記事の内容などは雑記メインに見えないよう微修正しました)

4月27日 Googleから2度目の不合格通知

4月28日~5月13日 身の回りが忙しくほぼ放置状態が続く

5月14日 半ば諦め気味に微修正しつつほぼ初回時の状態で再申請。

5月15日 まさかの合格通知が届く

上にもあるように、「まさかの」でした笑
故に決定打がわかりにくいのですが、合格までの間にやったこと、やらなかったこと、それぞれ以下からまとめていきます。

POINT01:同じサムネを使っていた記事があったので他のサムネに変更

これは合格する直前に行った修正です。上のチャートでいう半ば諦めつつ微修正がこれにあたります。記事タイトル、内容共にまったく違う記事ですが前編後編としていたためサムネがまったく同じでした。
不合格時に届くメールにかかれた「複製されたコンテンツ」に目が止まりふと修正してみました。前の見出しで書いたように3回目の申請はほとんど初回と同じで、変わったところはここくらいなので、ここがネックであった可能性があります。
正直こんな細かなところまで!?と思いますが合格の心当たりと言われるとこのポイントが一番印象深いです。

POINT02:申請後の記事更新は2回だけ

初回申請後の2日間は1記事ずつ更新していましたが、以降身の回りが忙しくなってしまいそこで更新がストップ。
更新しなきゃだとは思いつつ、ゲームをやる時間すらなかったのでほとんど申請から合格まで記事の更新がありませんでした。
ですが、しなくて良い訳ないと思うので本来は更新を続けた方が良いでしょう笑。ほぼしなくても受かったということは記事数がネックではなかったとも見れます。今後はちゃんと更新していきます!(遠くを見ながら)

SPONSOR LINK

POINT03:ゲームの画像は全てPS4でキャプチャしたもの掲載

申請前から気になっていたポイントです。著作権的にいうとこれはOKなのか。。キャプチャしたものでもだめなんじゃないかと不安でした。
せめて、自分でプレイした内容をキャプチャして使うことでなんとか通してくれないかと考えて記事を更新しておりました。
不安でしたがこれができないとブログを書く意味がなくなるので、あまり深追いせず駄目なら他のサービスを使おうかとも考えておりました。が、なんとか合格したのでひとまず安心。

POINT04:サバゲー関連の記事はあくまで玩具を使ったスポーツであることを強調した記事に

日本ではまだまだ日陰な印象ですが台湾やアメリカではスポーツとして認識されてますのであくまでスポーツシューティングであることがわかるように、気をつけて記事を執筆しました。エアガンやチーム、フラッグ、ゲームなどの言葉を使い、サバゲー用語のみを使うことを意識しております。私自身もれっきとしたスポーツの1種と捉えているので今後もそのつもりで記事を書いていこうと思います。

POINT05:Youtubeじゃない動画もOK

以下の記事の動画は直接サーバーに動画ファイルをアップして埋め込んであります。facebookみたいにスクロールに合わせて、自動再生、停止させたりいろいろやってますが、こちらは問題なかった模様。ちなみにこちらもPS4でキャプチャしています。

関連記事:ゲームのスタート画面集めてみた【Vol.001】DIVISION2、SEKIRO、Apex Legends他

POINT06:画像の遅延読み込みもOK

どこかの記事で、画像の遅延読み込みはクロールを阻害するためNGとありましたがこちらもOKでした。たしかにロボットが審査しているのであれば引っかかりそうなポイントですが、これはページの表示速度を上げる策としてGoogleが公表しているものなので、だめな訳がないだろうとふんでそのまま申請に出し続けました笑

POINT07:Webp変換した画像でもOK

以下の記事で紹介した次世代画像フォーマットwebpを使った状態でも無事合格しました。こちらもGoogleが公表しているページ表示スピードアップの一策です。
しかし、webpに対応していないブラウザもあるため、対応しない場合jpgに切り替えられるよう対策は必須だと思います。そうしないと、対応しないブラウザでは一切画像が表示されないため、著しくユーザビリティが落ちてしまいます。審査の段階でそこまで把握されるかはわかりませんが、審査の有無に関わらず対応は必要でしょう。

関連記事:ページの表示速度をあげよう!第2弾「次世代フォーマットによる画像の圧縮(WordPress対応)」

さいごに

ざっとまとめると以上の7点が対策面で印象に残ったポイント、感想でございます。いかがでしょうか?
結局なところ正解はGoogleさんしかわからないので、確証めいたことは何も言えないのがなんともむずかゆいところですね。。
おそらく今後も明かされることのない審査基準ですが、厳格な審査と対策方法を明示しないことで自然とWebサイト全体のクオリティが上がっていく。これをGoogleは望んでいるようにも思えます。
前職ではWebディレクターをしていたこともあり、多くのWebサイトを見てきましたが、このブログ作成とGoogleAdSense合格までの道のりは非常に良い経験となりました。この審査の厳しさ含め、ここ数年Webサイトが求められているクオリティが上がってきていると感じた次第でございます。
ご意見ご感想がありましたら、お問合せフォームかTwitterからご連絡いただけると嬉しいです。

SPONSOR LINK

THIS PAGE's TAGS

RERATION ARTICLES

CATEGORY

SEARCH

SPONSOR LINK

RERATION

POPULAR

AUTHOR PLOFILE

motuni

平成2年生まれの男。元Webディレクター兼デザイナー、現在は文具メーカー広報のサラリーマン。ゲーム好きのサバゲー好き。ゲーム歴はスーファミから。サバゲー歴は約6年。月1で定例会に参加中。このブログでは趣味のゲームをベースに大手情報サイトに無いような情報発信を心がけて記事を更新していきます。

> Twitterアカウント:@EncounterMotuni
> PSNアカウント:motuni216
> Steamアカウント:motuni216

SPONSOR LINK